簡単に二重になる美容整形

美容整形

人気の埋没法

美容外科クリニックでは切開をしないプチ整形が人気です。プチ整形をすれば、手術なしでコンプレックスをなくすことが出来ます。全身麻酔の大掛かりな整形手術をするには大きな勇気が必要ですが、プチ整形ならカウンセリングをした当日にも出来ます。埋没法は短時間の手術で一重を二重にできる人気のプチ整形です。ほとんどの美容外科クリニックでは、埋没法やクイック法などの二重のプチ整形ができます。埋没法はメスを入れなくていいので、メスを使う切開法二重形成よりも気軽にできます。手術をしてしまえば、ほぼ半永久的に二重が持ちます。腫れぼったい一重が二重まぶたになるだけで、目ジカラがアップしてアイメイクが映えるようになります。

埋没法の特徴

埋没法といっても美容外科によって糸の種類、糸のかけ方、入れ方などが違います。一点止め、二点止めなどがあり、糸を固定する数を選べる場合もあります。どこのクリニックでも糸だけを使って二重まぶたを形成することだけは共通しています。手術をする前にまぶたの表と裏に麻酔をします。麻酔をしてから手術が終わるまでは両目で20分ほどです。抜糸をする必要はないですが、美容外科によっては手術後の経過観察のために1週間後や1か月後に通院が必要な場合もあります。埋没法は手術をした直後からすぐに二重になります。ただし、1週間程度はまぶたが腫れるので不自然な状態になります。完全に理想の二重のラインに落ち着くまでには1ヵ月程度かかります。